弁護士に依頼するメリット

どんな場合に弁護士に依頼すればいいのでしょうか?

弁護士に依頼すれば、弁護士が代理人となって、加害者の保険会社と交渉しますので、ご自身で交渉する必要はなく、治療・リハビリに専念することができます。

また、加害者の保険会社は、負担をなるべく少なくするために、治療を早期に打ち切ったり、示談金の提示額を低く提示することがあります。

しかしながら、弁護士に依頼した場合、過去の判例及び事例から、的確な戦略を展開し、損害賠償額の増額へ向けた解決に結び付けていきます。

また、他にもこのような場合には、弁護士ご依頼された方がいいと思います。

  • 弁護士特約付きの保険に加入されている場合
  • 長期間入院した場合。通院のみの場合でも後遺障害の等級認定を得た場合、または認定される可能性が高い場合。この場合は、弁護士に依頼することにより、自分で交渉するより賠償額が増額となる可能性があります。
    賠償金額の注意点のページをご参照下さい。)
  • 相手方に弁護士が付いた場合