①事故直後、治療中の段階

交通事故の被害にあい受傷されたケースについて、当事務所では事故直後からなるべく早い段階で、法律相談お越しいただくことをおすすめしております。

初回の相談は無料です。

 

  • 事故後早期の法律相談・受任がなぜ重要なのか?

交通事故後初期に交通事故人身損害賠償事件を数多く取り扱っている弁護士の法律相談を受け、そして、その弁護士がご依頼を受けることで、

後遺障害(後遺症)事案において、症状に見合った適切な等級が認定されるために一つでも多くのことに気づき対応できるといえますし、

最終の示談交渉(損害賠償交渉)においても、より長い期間この案件にかかわっていることから、内容をしっかりふまえてのぞむことができるといえます。

事故後早い段階で法律相談に来られ、そこで弁護士のアドバイスを受けたことで、症状に見合った後遺障害等級が認定され、その後の示談交渉(損害賠償交渉)でも適正な損害賠償額を獲得できたケースは多くあるといえます。

特に、重度の後遺障害が見込まれるケースでは、弁護士費用倒れのご心配が少ないといえますので、すぐにご相談・ご依頼をいただくことが大事であるといえます。

 

また、② 症状固定時期、又は、もうすぐ症状固定時期という段階 や、
 後遺障害(後遺症)等級認定結果がでたという段階

で、法律相談に来られた場合、すでに手遅れとなってしまっていることもあります。
手遅れのことが出てくると、本来受けるべき賠償金が受けられなくなるという不都合が発生するおそれがでてきます。

 

  • 事故直後、治療中の段階で大事なこと(具体的には)

以下、一例をあげます

・病院(入院も含みます)や医院に通院し、医師の先生に見てもらう(通院状況、治療内容も重要になります。)
・事故直後から実際にあるご自分の自覚症状について、きちんと主治医の先生にお伝えいただく
・必要な検査をうけていただく

たとえば、

脳挫傷、びまん性軸索損傷
脊髄損傷
ひざの靱帯損傷
肩の腱板断裂
むちうち(頚椎捻挫)、腰椎捻挫で神経症状(痛み、しびれ)が強いもの

などでは、交通事故で受傷した直後に受ける必要がある検査があります。

くわしくは、具体的なケースを前提とした個別の法律相談での説明になります。
ぜひ、当事務所の無料相談にお越しください。