解決事例

2020年11月23日

背骨骨折など 後遺障害11級978万円→弁護士受任後、異議申立で10級にアップし2654万円で解決

(令和2年11月23日原稿作成) 相手方保険会社から金額提示が出たら、後遺障害等級が妥当かも検討する!   後遺障害等級が認定されて、相手方保険会社から金額提示が出た場合、個々の損害費目の金額が妥当かどうかを確認することはもちろん大事です。 しかし、認定された等級が妥当なのかどうかも検討する必要があります。... 続きはこちら≫

2020年10月18日

有鈎骨骨折 尺骨神経障害 後遺障害12級13号 裁判和解で解決し弁護士加入後944万円の支払を受けた事例

(令和2年10月18日原稿作成) はじめに   当法律事務所では、交通事故の被害にあいケガをして悩んでおられる方(ご家族も含みます。)、交通事故の被害にあったばかりでどうしたらいいか分からない方(ご家族も含みます。)などが、後々の交通事故損害賠償問題のために少しでも助けになるようにと、弁護士金田が解決したケー... 続きはこちら≫

2020年08月09日

骨盤骨折 股関節の可動域制限 後遺障害12級7号認定ケース

被害者、交通事故状況 被害者は30代男性会社員の方でした。 幹線道路の交差点をバイクに乗り直進していたところ、対向から右折していきた四輪車に衝突されました。 被害者はバイクもろとも転倒し、病院に救急搬送されました。   受傷・入通院治療の経過 被害者は、肋骨の多発骨折、骨盤骨折(こつばんこっせつ)などを受傷し... 続きはこちら≫

2020年07月24日

ひざ・脛骨高原骨折後の痛みの後遺障害のポイント!~12級13号認定事例をふまえ

脛骨高原骨折…交通事故による骨折では意外と多いです!   脛骨高原骨折(けいこつこうげんこっせつ) 膝(ひざ)から足首にかけて長い骨が2本ありますが(これを長管骨といいます。)、このうち太い方の骨を 脛骨 といいます。 この脛骨の上のはしは、ひざの関節の面になっており、平らな形をしています。 この部分を骨折す... 続きはこちら≫

2020年05月06日

下肢偽関節が認められ非該当から後遺障害7級に 賠償金が87万円から3251万円にアップしたケース

,

後遺障害非該当が、弁護士受任後の異議申し立てで7級に! 以下は、弁護士金田が、もとは後遺障害非該当でご相談をお受けし、異議申し立てからご依頼をお受けした結果、後遺障害7級が認定され、賠償金もケタが2つ違う金額で解決した交通事故事件です。   後遺障害非該当から異議申し立てで7級が認定されるなんて信じられないと... 続きはこちら≫

2020年03月13日

上腕骨近位端骨折 肩の可動域が1/2以下になり自賠責も労災も後遺障害10級認定

,

上腕骨近位端は肩の可動域が制限されるおそれがあるケガです! 上腕骨近位端骨折(じょうわんこつきんいたんこっせつ)…肩付近の骨折です この骨折は、バイクで転倒して生じることが多いです。 弁護士金田は、交通事故で、この上腕骨近位端を骨折したケースを何例も取り扱っており、受傷直後~治療終了~後遺障害等級手続~示談交渉までの手... 続きはこちら≫

2020年02月26日

バイク事故で上腕骨近位端骨折 右肩可動域制限 後遺障害10級2700万円獲得ケース

,

事故状況、症状、治療状況など バイクに乗って国道を直進走行していた被害者(40代男性)は、左の狭路から四輪車がバイクの進路上に出てきたため、急ブレーキとハンドル操作を行い、何とか衝突をさけることはできましたが、バイクもろとも転倒し、負傷しました。 被害者は、救急搬送先の病院で、肩付近の骨折(傷病名は、上腕骨近位端骨折)... 続きはこちら≫

2020年02月13日

後遺障害14級 交通事故証明書に記載のない自賠責保険からも支払いを受けたケース

このケースは会社員の30代男性の方が被害者でした。任意保険会社の請求だけでなく、自賠責は2社に請求をし、被害者の方にも労災保険の請求をしていただいた事案です。   事故状況 被害者は会社の業務中に乗用車助手席に乗車しておられました。 高速道路を走行中、ある車から脚立が落下し、その直後のトラックが止まり、その後... 続きはこちら≫

2019年12月18日

80代男性 急性硬膜下血腫 もの忘れ 高次脳機能障害という明確な判断はないも後遺障害12級13号が認定されたケース

, ,

交通事故で頭部を受傷してものわすれの症状が出た被害者のご家族の方へ 交通事故で頭部を受傷し、直後の意識障害が一定程度続いた場合、事故前の被害者の様子とは違う、おかしいということがあります。この「違う」という様子は以降もずっと続くおそれがあります。 その中の代表的な症状として、ものわすれ、記憶障害 というものがあります。... 続きはこちら≫

2019年12月13日

裁判で男性家事休業が97万円、右直事故で被害者の過失が5%と認定された事例

弁護士交代事案(前任弁護士解任後、当法律事務所弁護士が受任) このケースは、交通事故直後から他事務所の弁護士が受任していたのですが、弁護士からの連絡が全くなく、(事務とは連絡がついたそうですが)弁護士と全く連絡がとれなくなりました。被害者はこの弁護士との契約を解消され、交通事故から3ヶ月弱後に当法律事務所の無料相談にお... 続きはこちら≫