上腕骨近位端骨折により神経症状14級が認定され、賠償額が140万円から280万円にアップした事例

 依頼者は30代の女性(バイク乗車)で、四輪車に衝突された事故でした。
 依頼者は事故により、上腕骨近位端骨折等受傷しました。
 依頼者は治療を続けましたが、結局痛みが治らず、後遺障害の申請をし、
骨折部分の痛みが残ったことから14級9号(局部に神経症状を残すもの)
が認定されました。

 その後、相手保険会社から損害賠償額の提示があり、当事務所がご相談を
受けました。
 示談提示額は、慰謝料関係、逸失利益の損害額の提示が低いと考えられる
事案でした。そこで当事務所がご依頼を受けて、示談交渉を行いました。

結果

 当初提示額140万円(1万円未満は省略いたします)から、最終支払金額
280万円(当事務所弁護士がご依頼を受ける前の支払済額を除く金額です)
に増額して解決することができました。
 逸失利益、慰謝料はこちらから請求した裁判基準の金額での合意ができました。

慰謝料について


 慰謝料には入通院の慰謝料と後遺障害が認定された場合の後遺障害慰謝料という
損害費目があります。加害者側保険会社から提示される慰謝料の額は、低いことが
少なくありません。

 保険会社から金額提示があれば、その金額が妥当なのかどうか一度弁護士の無料
相談を受けられることをおすすめいたします。 

上腕骨近位端骨折とは

 腕の骨のうち肩に近いところを骨折したということです。
 治療を続けても痛みが残る可能性があるほか、肩関節の機能障害(可動域制限が
残ってしまう可能性もあります。)が残ってしまった場合には、機能障害の程度に
応じて12級6号や10級10号といった
 後遺障害が認められる可能性があります。