後遺障害等級認定14級(頚椎捻挫)賠償額が約134万円から約319万円へアップした事例

男性:40代
職業:会社員
傷病名:頚椎捻挫
事故状況:被害者、相手ともに四輪車でした。
後遺障害等級:局部神経症状(14級9号)

弁護士受任前の相手保険会社の提示額

134万円(以下、金額は1万円未満を省略いたします。) 

当事務所弁護士受任後…

示談交渉の結果、弁護士受任前の既払額を除き、最終319万円の支払いを受けるという解決ができました。

交通事故に遭い、受傷し、治療を継続し、症状固定となり、医師に後遺障害診断書を書いてもらい、等級認定申請をした結果、後遺障害等級が認定され、異議申し立てをしない場合、通常、保険会社から示談案の提示がなされます。

その保険会社の提示額が妥当なのかどうか、一度弁護士に 相談されることを おすすめいたします。