後遺障害非該当から後遺障害14級を獲得した事例集

事例1


 

 女性(40代、主婦)
 当初非該当 → 異議申立の結果 後遺症(後遺障害)等級14級9号 
         が認定されました。

ポイント

 
 後方からの追突により被害車両の後部ガラスが割れるほどの事故でした。
 最初の等級認定の段階でMRI画像所見(C5/6突出所見等)が全く考慮されて
いませんでした。
 被害者本人の診療録や診断書等の資料を見ると以下のことがわかりました。

  ・ジャクソンテスト及びスパーリングテストが陽性である旨の所見があった。
  ・事故当初から頚部痛の記載が一貫して存在したこと。
  ・被害者の方は症状固定後も自費で通院されており、症状固定後の通院において、
   症状が変わらない旨の記載があったこと。
  ・症状固定前だけでなく症状固定後も被害者にトリガーポイント注射が継続的に
   実施されていたこと(症状固定後の通院は、被害者の負担で、リハビリだけでなく
   トリガーポイント注射まで実施されたことになります。)。

  以上の点を踏まえ、

   ●被害者の陳述書
   ●追加医証
   ●異議申立書

 等をそろえ、自賠責保険会社を窓口に(被害者請求)異議申立をしました。

 

異議申立の結果

 

 頸椎・上肢関係で後遺症(後遺障害)等級14級9号が認定されました。

  ●新たに提出した医証等から、受傷当初から症状の一貫性が認められました。
  ●受傷形態や治療状況と言った点にも言及がありました。

  被害者の方は、交通事故で受傷した頚部痛や腕の痛み・しびれにずっと悩まされて
いました。後遺症(後遺障害)等級が認定されて本当にほっとした思いです。

  その後の示談交渉(もちろん、当事務所弁護士が引き続き代理して交渉にのぞみ
ました。)では、早期に解決ができました。

 主婦の方については、休業損害と入通院慰謝料(傷害慰謝料)という損害賠償費目が、
後遺症(後遺障害)関係損害に劣らず重要になってきます
が、休業損害と入通院慰謝料
傷害慰謝料)は、こちらの請求金額どおりでの合意ができました。

 

 

事例2


 

 

被害者:40代男性
(事前認定では後遺障害等級非該当でした。)

四輪車同士の事故であり、被害者は、一方の肩や上肢に痛み等の異常がありました。

 
●主治医の先生に、実際に存在する頚椎の異常所見について診断書をより詳細に書いてもらう

●ご友人等被害者とよく顔を合わす方に、被害者の様子について陳述書を書いてもらう

●衝突前の被害者の体勢、衝突時や衝突後の状況等を詳細に述べた被害者の陳述書の作成

●受傷直後から症状固定時まで一貫して痛み等の症状が存在すること、詳細な治療経過、画像所見や神経学的検査所見と被害者の自覚症状との整合性、被害者の通院状況などを記載した詳細な異議申立書の作成

以上をふまえ、被害者請求による異議申立てを行いました。

異議申立の結果

肩関係の痛みで 14級9号 が認定されました。

●ポイントは…

異議申立てでは受傷当初から症状の訴えの一貫性が認められました。

当初の後遺症(後遺障害)等級認定の判断では、受傷の経緯に疑問が持たれていたようでしたので、事故の衝撃による受傷の経緯を丁寧に説明しました。

被害者の方は、症状固定後も自費で通院して治療を受けておられました。

そのほかにも、検査の異常所見が自覚症状と整合していた部分があったことも大きかったものと思います。

被害者の方は、この交通事故による受傷が原因で、休職をせざるを得なくなり、治療中に退職を余儀なくされてしまいました。

実際の症状からしても後遺症(後遺障害)等級が認定されるべき事案であると考えられましたが、等級が認定されて本当によかったと思います。

 

 

事例3


 

 

被害者・交通事故状況

 

女性:30代   
職業:主婦(専業家事従事者)   
傷病名:頚椎捻挫など  
事故状況:被害者が乗っていた自転車を停止させ、前の交通状況を見ていたところ、すぐ前にいた相手四輪車が突然バックしてきました。被害者はよけることもできずに相手四輪車に衝突され、自転車とともに転倒し、受傷しました。

 

事故後の経緯

 

被害者は、右肘や手の打撲、くびのねんざなどを受傷し、くびのいたみや右手のしびれを感じ、右手の筋力は低下しました。

整形外科医院に通院し、紹介先で頚椎にMRI検査を受けたほか、右手のしびれがおさまらないので大きな病院で神経伝導速度検査も実施されました。MRIでは変性所見があり、神経伝導速度検査の結果、正中神経障害と診断されました。ティネルサインにも異常所見が出ていました。

各治療期間にはかなり通院をされていました。

結局、症状が改善せず、事前認定(任意保険会社を窓口として後遺障害等級認定をもとめる手続をいいます)で後遺障害等級の申請をされましたが、なぜか、非該当の結果が出ました。この結果に疑問を持たれ、当法律事務所の無料相談にお越しになりました。

 

当法律事務所弁護士受任

 

当法律事務所弁護士は、無料相談でお話をうかがい、関係資料を確認したところ、この件は後遺障害の等級が認定されるべき事案であると考え、相談者からのご依頼をお受けしました。

異議申立手続を代理することになり、準備をしていきました。
 

当法律事務所の主な対応

 

① 被害者請求により、後遺障害等級認定に対する異議申立手続を行う。

② 主治医の先生に追加の医証を書いてただく(追加の神経学的検査も実施されました。)。

③ 被害者のご親族に、被害者の日常の様子や日常生活上生じている支障について陳述書を書いてもらう

④ 受傷直後から症状固定時まで一貫して痛み等の症状が存在すること、詳細な治療経過、画像所見や神経学的検査所見と被害者の自覚症状との整合性などを記載した詳細な異議申立書の作成。

 

異議申立の結果

 

頚椎捻挫後のくびの痛みや手のしびれに関し、後遺障害14級9号(局部に神経症状を残すもの)が認定されました。

 
異議申立手続では、被害者の方が通院していた病院に医療照会がなされて結果が出るまで少し時間がかかりました。

結果、症状の一貫性が認められ、受傷形態や治療状況も考慮され、等級がつきました。

弁護士に相談せずにあきらめていたら、等級は非該当のままだったかもしれません。依頼者の方は大変喜んでおられました。

もうひとついいことがありました。今回、被害者請求で手続をしていたことにより、14級が認定された場合に自賠責保険が支払ことになる金額75万円がすぐ入金されたことです。

 

示談交渉

 

最終の示談交渉も弁護士金田が行いました。

結果、それまで支払済みの金額を除き、380万円 の支払いを受けるという示談が成立しました。

示談交渉前に自賠責保険会社から75万円の支払いがありましたので、被害者の方は、合計で 455万円  の支払いを受けたことになりました。  

当事務所が受任してから約5ヶ月で示談成立に至った事案です。

 

ひとこと

 

交通事故で受傷した症状が残り、その症状に相当な等級が認定されるためには、被害者側がいろいろな努力をしなければなりません。

もし、後遺障害等級の認定をあきらめていたら、455万円の半額にも満たない金額で示談せざるを得ない可能性も十分にありました。

後遺障害診断書の記載に不備はないかどうかをチェックすることは重要なことです。

このような場合、交通事故後遺症(後遺障害)案件をたくさん取り扱っている弁護士に相談されることをおすすめします。