後遺障害等級認定14級(局部神経症状)賠償額が144万円から255万円へアップした事例

男性:50代   
職業:会社員   
傷病名:頚椎捻挫   
事故状況:被害者、相手ともに四輪車でした。   
後遺障害等級:14級9号(局部神経症状)

保険会社からの当初提示金額  

約144万円
   ↓  
相談・弁護士受任
   ↓  
示談交渉の結果255万円で解決!  

弁護士が保険会社の提示金額を見て特に感じたことは、 後遺障害関係損害の提示額(後遺障害逸失利益、後遺障害慰謝料)が低いと感じられたことでした。 弁護士が受任後保険会社と示談交渉し、約110万円アップした金額で解決することができました。弁護士受任後極めて短期間で解決できたケースでした。