後遺障害等級認定14級(局部神経症状)賠償額が196万円から350万円にアップした事例

男性:40代   
職業:会社員   
傷病名:右正中神経損傷   
事故状況:被害者、相手ともに四輪車でした。   

後遺障害等級:右手神経症状(14級9号)   

提示金額 196万円
   ↓   
相談・弁護士受任        
   ↓  
示談交渉の結果 350万円で解決

今回の解決事例のポイント

弁護士が保険会社の提示金額を見て特に感じたことは以下の点です。

後遺障害慰謝料の提示金額がかなり低かったこと

(※ 他に提示金額が低いと感じた費目もありました。)

労働能力喪失期間を思ったより短期間として計算し、後遺障害逸失利益を算定していたこと

弁護士が受任後保険会社と示談交渉し、約150万円アップした金額で解決することができました。本件でさらに良かったことは、弁護士受任後極めて短期間で解決できたことです。 依頼者も大変喜んでおられました。