強み1 弁護士1人で1600人の交通事故被害者相談実績

(1)弁護士が交通事故問題を毎日のように処理していることは重要です。

 

弁護士金田の経験上、弁護士の交通事故案件の処理能力はすぐに上がるものではなく、毎日のように取り扱って徐々に上がっていくものです。

弁護士金田の肌感覚でも、相手方保険会社の交渉能力は年々向上していると感じております。弁護士が、交通事故案件を、時々や、たまにしか取り扱わない状態で保険会社との交渉に望んでも、かなり厳しい闘いを強いられるだろうと弁護士金田は肌で感じています。

それほど、交通事故のケガの民事問題の処理は、複雑で難しいものです。

 

(2)後遺障害の検討のためには画像所見を把握していることが必要です。

 

14級を超える上位等級が問題になる後遺障害案件は、CT、MRI、レントゲンなどの画像所見の重要性のウエイトがとても高いです。最近の自賠責保険の後遺障害認定の傾向でもこれが特に強いと感じています。

捻挫・打撲の後遺障害14級案件でも、最近の自賠責保険の傾向は画像をより重視する傾向にあると感じています。

ですので、画像の状態を早めに把握しておくことは、後遺障害との関係でとても重要です。

 

(3)ケガの損害賠償請求は、カルテの記載内容もとても重要です。

 

弁護士金田はこれまでかなりの数のカルテを見てきております。カルテを翻訳事業者に出す前にカルテの内容を翻訳して読み取りますし、被害者のケガの症状を少しでも適切に評価できるよう努力いたします。

 

 

弁護士金田の受任事件の9割以上は、交通事故のケガの案件で、被害者側のご相談、ご依頼しかお受けいたしません。

交通事故案件を毎日のように取り扱っています。1日のうちで弁護士が稼働できる時間には限りがあります。

1人で1,600人という数は、1日のうちのかなりの時間を交通事故のケガの案件に費やしてきたとご理解いただいて結構です。

 

ご相談ください

ここまでご覧いただきありがとうございます。弁護士金田の相談実績をご理解いただけたかと存じます。

ご相談・お問い合わせはこちらのフォームより受け付けております。

お名前*

(例:山田 太郎)
Eメール*

(例:xxxxxx@xx.xx)
住所*
電話番号

(例:07-0000-0000)
お問い合わせ内容*
ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリック下さい